インプラント/ドクター

インプラントドクター

インプラント治療は医療費控除の対象です。

医療費控除とは、その年に支払った医療費が一定の金額を超えた場合に、税金(所得税・住民税)が軽減される制度です。

医療費控除のポイントを下記に記載します。

  • 1年間に合計10万円以上の医療費を支払った場合に利用できます。注:その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額
  • 生計が同じ家族の医療費も合算できる
  • 通院で利用した交通費も合算できる(公共の交通機関に限る)
  • 手続き(確定申告)をしないと制度を利用できない
  • デンタルローン利用の場合は、ローン契約成立した年が対象となる
  • 申告を忘れても、5年間は引く続き制度が適用される

ー------------------------------------

例えば、所得が400万の方が総額50万の医療を受けられた場合の還付金を計算してみます。

医療費控除対象額(上限200万)=医療費の総額(50万)-10万

医療費控除対象額は40万になります。

そこから所得400万の税率(20%)をかけると還付金の額が計算できます。

つまり、控除の額(還付金)=医療費控除額(40万)×20%=8万円の所得税の還付という事になります。

それ以外に住民税減額があります。

医療費控除を行えば、翌年の住民税が対象となる金額に応じて減額されるという優遇処置も受ける事が可能です。

上記の場合であれば

減額される住民税=医療費控除対象金額(40万)×10%=4万円が減額されます。